今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

子どもの予防接種について

予防接種とは

 予防接種とは、身のまわりの様々な※感染症を予防するため、原因となる細菌やウイルスまたは病原体が作り出す毒素の力を弱めてワクチン(予防接種液)をつくり、これを体に接種して感染症に対する抵抗力(免疫)をつくることです。

※感染症・・細菌やウイルスが体内に侵入して増殖し発症する病気。原因となる病原体によって、発熱や下痢、咳など様々な症状が現れる。        

予防接種の種類

 予防接種には、予防接種法に基づいて市町村長が行うこととされている定期の予防接種(定期接種)とそれ以外の予防接種(任意接種)があります。
 定期予防接種は、接種対象年齢の方に対しては無料で行います。任意接種の接種費用は、原則自己負担となります。

《定期接種》(平成29年4月現在)
  ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・三種混合・不活化ポリオ・BCG
  MR(麻しん風しん混合)・麻しん・風しん・水痘・日本脳炎・二種混合
  ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)・B型肝炎
  (B型肝炎ワクチンは平成28年10月1日より定期予防接種へ移行されました。)
《主な任意接種》
  ロタウイルス・おたふくかぜ・季節性インフルエンザ等
 

ワクチンの種類と特徴

 予防接種で使用するワクチンには、生ワクチン不活化ワクチンとがあります。
 生ワクチンは、生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、接種後から体内で毒性を弱めた細菌やウイルスの増殖がはじまることから、それぞれのワクチンの性質に応じて、発熱や発疹の軽い症状がでることがあります。十分な抵抗力(免疫)ができるのに約1か月が必要です。
  不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったものです。体内で細菌やウイルスが増殖しないため、数回接種することによって抵抗力(免疫)がつきます。2~3回接種し、最小限な抵抗力(基礎免疫)ができたあと、約1年後に追加接種をして十分な抵抗力(免疫)ができることとなります。

《生ワクチン》・・次回の予防接種は、接種の翌日から起算して27日以上おく
  MR(麻しん風しん混合)・麻しん・風しん・BCG・水痘
  (おたふくかぜ・ロタウイルス等)

《不活化ワクチン》・・次回の予防接種は、接種の翌日から起算して※6日以上おく
  ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・三種混合・不活化ポリオ・日本脳炎
  ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)・B型肝炎
  (季節性インフルエンザ等)

※同じ種類のワクチンを数回接種する場合には、それぞれ定められた期間がありますので、注意してください。

接種に際しての注意

予防接種に行く前の注意

1.お子さんの体調はよいですか?
明らかな発熱(通常37.5度以上をいいます)やふだんと変わったところがある場合には接種を控えましょう。
2.今日受ける予防接種について、よく理解していますか?
市町村からの通知やパンフレット等をよく読んで、わからないところがあれば接種前に接種医に質問しましょう。 
3.母子健康手帳を持ちましたか?
母子健康手帳には、予防接種の接種内容が記録されます。接種間違いを防ぐためにも必ず持って行きましょう。忘れると接種できない場合もあります。

そのほか、接種には日頃のお子さんの状態をよく知っている保護者が引率し、接種前に記入する※予診票には正しい情報を記入するよう注意しましょう。

※逗子市の予診票は予防接種実施医療機関に備えてあります。

接種後の注意

 予防接種を受けたあと30分程度は、医療機関でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡がとれるようにしておきましょう。
 当日は、はげしい運動は避け、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は速やかに医師の診察を受けましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう、
 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。

副反応について

通常みられる副反応

 ワクチンの種類によっても異なりますが、接種を受けた後に生じる発熱や発疹、接種部位の腫れ・硬結(しこり)などを「副反応」といいます。通常、数日以内に自然に治るので心配いりません。

重い副反応

 予防接種を受けた後、接種部位のひどい腫れ、高熱、ひきつけ等の症状があったら、直ちに医師の診察を受けてください。ワクチンの種類によっては、極めてまれ(100万から数100万人に1人程度)に脳炎や神経障害などの重い副反応が生じる場合があります。
 このような場合に厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定した時は、予防接種法に基づく健康被害救済(予防接種健康被害救済制度)の対象となります。

予防接種健康被害救済制度について

 定期予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合、各専門家からなる国の審査会で審議し予防接種との因果関係が認められた場合には、予防接種法に基づく給付を受けることができます。
 なお、予防接種法に基づく定期接種として認められた期間を外れて接種を希望する場合は任意接種として取り扱われます。任意接種で健康被害を受けた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになりますが、定期接種と比べて救済の対象、額等が異なります。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:子育て支援課子育て支援係

電話番号:046-872-8117


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi