今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

日本脳炎予防接種について

疾病の概要(日本脳炎について)

 日本脳炎は、潜伏期7~10日、突然の高熱、頭痛、嘔吐、意識障害及びけいれん等を主徴とするウィルス性の急性脳炎です。かつては死亡率、後遺症を残す率が高く、現在でも死亡率20~40%程度と考えられており、感染者100~1000人に1人が脳炎を発症するといわれています。
 感染源は、食用として飼育されているブタが日本脳炎ウィルスの増殖動物とされ、ブタからヒトへの感染はコガタアカイエカを介します。ヒトからヒトへの伝播はありません。
 ワクチン接種により、日本脳炎の罹患リスクを75~95%減らすことができると報告されています。

予防接種の標準接種スケジュール

標準接種時期

【3歳】   第1期初回接種 をお勧めします。
        (6日以上、標準的には6~28日の間隔で、2回接種)

【4歳】   第1期追加接種 をお勧めします。
        (初回接種終了後6月以上、標準的にはおおむね1年後、1回接種)

【小学4年生】  第2期接種 をお勧めします。
        (1回接種)

公費負担対象年齢
 
第1期 : 満6か月~7歳半、第2期 : 9歳~12歳

特例措置について

 日本脳炎ワクチンは、予防接種後の健康被害が発生し、平成17年度から平成21年度まで予防接種のご案内を行いませんでした。その後、新しく安全性の高いワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。
   積極的な勧奨差し控えなどの事情により接種機会を逃した方には、下記の通り特例措置が適用されます。

 *平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方
  20歳未満までの間(20歳の誕生日の前日まで)不足分を接種することができます。
  (※毎年18歳の方に通知をしています)

 *平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方
  平成22年3月31日までに1期の接種が終了していない方で、1期の対象年齢
  を過ぎている方は、1期の残りの回数を2期の対象年齢の期間中に接種するこ
  とができます。
 

《予防接種の受け方》

接種済回数 今後の接種回数   接種間隔と接種回数
全く接種していない
(1期不足3回)
4回   ・1期初回は6日以上あけて2回接種
 (標準的な接種期間は6~28日)
・1期追加は初回終了後6か月以上あけて1回接種
 (標準的な接種期間は初回接種終了後おおむね1年)
・2期は9歳以上で1期接種終了後6日以上あけて接種
1回接種済
(1期不足2回)
3回   ・1期追加分として6日以上あけて2回接種
・2期は9歳以上で1期接種終了後6日以上あけて接種
2回接種済
(1期不足1回)
2回   ・1期追加分として1回接種
・2期は9歳以上で1期接種終了後6日以上あけて接種
2期を接種していない 1回   ・9歳以上で1期接種終了後6日以上あけて接種
※母子健康手帳を確認して接種回数に不足があれば、保護者が同伴し母子健康手帳を必ず持参のうえ、実施医療機関で接種を受けてください。
(予約が必要な場合もありますので事前にお確かめください)

★ご注意ください★

 平成9年4月2日~平成10年4月1日生れの方は、今年度中に20歳になります。
 特例措置対象者として無料で接種できるのは、20歳の誕生日の前日までです。
 不足回数のある方は、体調の良い時に早めに接種しましょう。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:子育て支援課子育て支援係

電話番号:046-872-8117


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi