今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

養育医療の給付

養育医療制度は未熟児で入院を必要とする乳児に対し、治療に必要な医療費を逗子市が負
担する制度です。養育医療制度の受給対象となる乳児は、指定養育医療機関へ入院し、養
育の必要があると医師が認めた乳児(1歳の誕生日の前々日まで)です。詳しい条件等は
各欄を確認してください。


対象者

逗子市内に居住する未熟児で次に掲げるいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と
認めたもの。

1.出生体重が2,000グラム以下。
2.生活力が特に弱く、次の「対象となる症状」にあげるいずれかの症状を示す乳児。

◎指定養育医療機関に入院していることが対象となる条件です。

対象となる症状

1.けいれん、運動異常
2.体温が摂氏34度以下
3.強いチアノーゼなど呼吸器、循環器の異常
4.繰り返すおう吐などの消化器の異常
5.強い黄疸

申請方法

逗子市役所子育て支援課へ申請してください。

必要書類

次の1から3の書類は子育て支援課の窓口にてお渡しします。
1.養育医療給付申請書
2.養育医療意見書
3.世帯調書
4.所得税額証明書

注意事項

・所得税が課せられている方全員の証明書が必要になります。
・申請時期により、提出していただく書類の年度が異なります。
 (提出される源泉徴収票その他の書類の年度は窓口で確認してください。)
・現在、仕事をしていなくても、申請の時期により書類の提出が必要となる
 ことがあります。

その他の書類等について

対象となる乳児の保険証がまだ発行されていない場合は、発行され次第子育て支援課へコピーの提出をお願いします。その他、場合によっては追加書類の提出が必要となることがあります。子育て支援課窓口で確認してください。

必要書類がそろいましたら

子育て支援課窓口に提出してください。
書類審査後、対象と認定された方には、医療券を交付いたします。
小児医療証と併せて医療機関の窓口に提示してください。

自己負担額について

健康保険証を使用して治療した場合の自己負担額が助成されます。世帯の所得に応じて
費用の一部を自己負担していただきます。
ただし、自己負担につきましては、逗子市小児医費助成制度(小児医療証)を受給中の方
は小児医療費助成制度から助成されますので保護者が医療機関へ直接支払う必要はあ
りません。

◎注意 保険が適用されない費用(例:おむつ代、差額ベッド代、文書料など)については、養育医療、小児医療費助成制度の給付対象外です。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:子育て支援課子育て支援係

電話番号:046-872-8117


逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

子育てQ&A
子育てサークル・団体情報
乳幼児と保護者のフリースペース。子育て支援センター・ほっとスペース
イベントカレンダー
えがお公式Facebookページへ(別ウィンドウ)

逗子子育て
わくわくメール

子育て情報をEメールで配信します。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi