今日
明日

逗子市子育てポータルサイト えがお

青い海と豊かな緑に囲まれた逗子の子育てを笑顔にするサイトです。

特定不妊治療費助成事業

※平成30年度より当分の間、助成金額を上限5万円から1万円に変更します。
 「不育症治療費助成制度」につきましては、平成30年度より当分の間、休止します。

 医療保険の適用外で高額な医療費を要する特定不妊治療について、その費用の一部を助成する事業を行っています。

対象者

  1. 夫または妻が治療日から引き続き申請日まで逗子市に住んでいること。
  2. 「神奈川県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」の助成承認決定を受けていること。

 
 

「神奈川県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」についてはこちら

対象となる治療

 助成対象となる治療は次のいずれかに相当するものです。 
    
A:新鮮胚移植を実施
B:採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施(採卵・受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために1~3周期程度の間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合)
C:以前に凍結した胚による胚移植を実施
D:体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
E:受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等による中止
F:採卵したが卵が得られない、又は、状態のよい卵が得られないために中止
 (注)採卵に至らないケース(侵襲的治療のないもの)は助成の対象となりません。
 

文書料や入院室料、室料差額、食事療養費等の直接治療にかかわらない費用は対象外です。

助成額と回数

  1. 助成額:1年度当たり上限1万円(特定不妊治療に要した費用のうち、神奈川県から受けた助成額を除いた額)                             《※平成29年度内に終了した治療であれば、平成30年4月以降の申請であっても上限5万円を助成します。》
  2. 助成回数:1年度当たり1回、通算2回まで。

申請の方法

逗子市特定不妊治療費助成金交付申請書に、次の「神奈川県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」に関する書類を添えて、子育て支援課(市役所5階5番窓口)まで提出してください。
※申請の際には、振込み口座のわかるものと認印をご持参ください。
 

  1. 「助成承認決定通知書」の写し
  2. 申請した際に添付した「受診等証明書」の写し
  3. 申請した際に添付した治療費の領収書の写し
 

※治療の終了した日から1年以内に申請してください。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:子育て支援課子育て支援係

電話番号:046-872-8117


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi