公的個人認証サービス

公的個人認証サービスとは?

公的個人認証サービスとは、インターネットの急速な普及を踏まえ、これまで窓口で行われていた行政機関への申請や届け出をインターネットを利用して行われるようになった際に、申請者が本人であること、申請内容が通信中に改ざんされていないことを証明するサービスです。公的個人認証サービスは平成16年1月29日から始まりました。

公的個人認証サービスをご利用になるには?

住基カードと住基カードへ搭載する公的個人認証(電子証明書)の発行(更新)は終了

すでに発行(更新)された電子証明書は、有効期限(発行日から3年)まで使用できます。
 ただし、住所、氏名に変更があった時点で失効します。また、電子証明書の発行(更新)を希望する場合は、住基カードの有効期限内であってもマイナンバーカード(個人番号カード)へ切り替えとなり、マイナンバーカードの交付申請が必要となります。
 なお、マイナンバーカードの交付は、申請時期により電子証明書を利用した確定申告(e-Tax)の期限に間に合わない場合があります。電子証明書の発行(更新)が必要となる人は注意してください。

※すでに住基カードをお持ちの方で電子証明書の利用を予定されている方は、電子証明書の有効期限をご確認ください。有効期限の確認は、発行時に交付した「電子証明書の写し」、又は公的個人認証サービスポータルサイト「有効性の確認方法」をご覧ください。
※代理人の方による申請の場合は、カードの所持状況や、印鑑登録の有無により手続き方法が異なりますので、お問い合わせください。

マイナンバーカード(個人番号カード)・通知カードについての詳細は、以下のページをご覧ください。
 ・個人番号カード・通知カード

公的個人認証サービスを実際に使用するには?(電子申請・届出のイメージ)

  1. 自宅等のパソコンで、申請や届出をしたい行政機関のホームページを開きます。
  2. 利用したい申請・届出のページを開きます。
  3. 申請や届出に必要な項目(氏名や住所など)を入力します。
  4. 電子証明書が記録されたマイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード等のICカードをリーダライタにセットし、暗証番号を入力します。
  5. 電子証明書は事前に市区町村で申請して、入手してください。
  6. 電子署名をクリックすると、ICカードとパソコン間で情報がやり取りされます。
  7. 送信をクリックすると、申請書、電子署名、電子証明書が暗号化され行政機関に送られます。
  8. 電子証明書の確認や申請書との照合が行われ、申請や届け出が受け付けられます。

公的個人認証サービスを、ご自宅のパソコンを使用するためには、

  • 【1】 利用者用クライアントソフト
  • 【2】 ICカードリーダライタ(ご自分で購入していただきます。)

が必要となります。

(注)ICカードリーダライタは、カードに対応したものが必要となります。

公的個人認証サービスが利用できる手続きは?

神奈川県のホームページをご覧ください。

疑問・問合せ

この情報に関するお問い合わせ先

市民協働部:戸籍住民課住民登録係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:291)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi