児童・生徒指導についての自己チェックリスト

児童・生徒指導についての自己チェックリストについて
教育研究相談センター
 
1 作成の目的
いじめや不登校など、児童・生徒指導上の問題が大きく取り上げられています。不登校数については文科省の調査で近年増加傾向にあり、小学校での暴力行為の発生数も増加しています。児童・生徒指導においては「未然防止」「早期発見・早期対応」が最も大切です。このチェックリストを活用していただき、児童・生徒のよりよい人間関係が育つ学校をめざして実践していただければ幸いです。
 
2 作成の視点
(1) 「適切な行動に着目し、適切な行動を強化する」行動分析学の視点と学校心理学の観点
で作成しました。
(2) 「未然防止」「早期発見・早期対応」「初期対応」の対応区分は文部科学省および国立教
育政策研究所に準拠しています。
「未然防止」:問題が発生する要因を軽減するため、すべての児童・生徒を対象に周囲の
環境を改善すること
「早期発見・早期対応」:子どもの変化をいち早くとらえ、すばやく対応すること
「初期対応」:問題が深刻化する前に、最優先で対応・支援すること
(3) 「未然防止」の基盤となる取組の中で、「子どもとの関係づくり」「子どもの適切な行動
に着目する」「生活規律やルールの定着」を最も重要なものとして構成しました。
(4) 「早期発見・早期対応」と「初期対応」の中では、『学年などのチームで対応すること』
が重要であるとの考え方で構成しました。
 
3 活用の仕方
(1) 「授業がうまくいかない」「授業ルールが定着していない」「指導が入らない」など指導
上の問題で困ったとき、チェックしてみてください。
(2) このチェックリストの項目を学年などチームで「共通の取り組み」として設定し、全員
で実施することが最も効果的な活用法です。各項目の『必要度』欄に最も必要だと思わ
れるものに◎を付け、それを出し合って協議して決定してください。
(3) 学年や学校単位で年3回程度チェックして振り返り、指導の改善に役立てていただけれ
ば幸いです。
 
4 その他
(1) このチェックリストは、and.T共有キャビネット(『児童・生徒指導についてのチェッ
クリスト』フォルダ内)または、逗子市教育研究所ホームページ(ページ下)からダウンロードでき
ます。
(2) このチェックリストは、逗子市教育研究所の専門家チームの協力で独自に作成したもの
です。
 

児童・生徒指導および人権感覚についての自己チェックリスト解説を作成しました。(2016年9月版)

児童・瀬戸指導についての自己チェックリスト解説 表紙
児童・生徒指導についての自己チェックリスト解説 目次

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:教育研究相談センター

電話番号:046-872-2898


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi