やってみよう!「3・1・2弁当箱法」講習会

平成28年2月24日(水) 逗子市保健センター

NPO法人食生態学実践フォーラム理事の薄金孝子先生にお越しいただき、どの家庭にもある「弁当箱」をものさしに、自分にぴったりな1食の量と内容を勉強する講習会を開催しました。

参加者は講義を聞いて自分に合った弁当箱を選び、『3・1・2弁当箱法』のルールに習って料理を詰めました。
完成した自分にぴったりのお弁当は、実際に昼食として「食べる」体験をしました。
料理は逗子市食生活改善推進団体若宮会の方々が作ってくださり、参加者からは「おいしい!」と大好評でした。
 
講義

先生の講義はとても分かりやすく、皆さん熱心に聞いていました!

グループワーク

自分に合ったお弁当箱を選び、『3・1・2弁当箱法』のルールで詰めます。

詰める

とても美味しそうなお弁当ができあがりました♪


アンケートからは、
「普段、ご飯(主食)を少なめでおかず(主菜)をいっぱい食べていたのでバランスが悪かったのだと気づきました。」、「お弁当の詰め方で、高さも考えていくというのが参考になりました。」、「家族それぞれの適量のお弁当箱を用意して、きちんと詰めていきたいです。」「お弁当づくりだけでなく、日々の食卓にも『3・1・2弁当箱法』のバランスを応用したいと思います。」
など、様々な感想が寄せられました。
講習会を通して、それぞれの方が改めて普段の食事の量と内容を見つめ直したようです。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
3:1:2のルールで詰めたお弁当

3:1:2のルールで詰めたお弁当

1食分になります!

左のお弁当をお皿に盛り付けると、しっかり1食分になりました!


この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:国保健康課健康係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:231~233)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi