小坪のわかめが獲れ始めました!

平成27年3月6日(金) 小坪漁港

小坪のわかめ漁が今年も始まりました。
逗子の海底は他の地域より石が細かく、大変質の良いわかめが収穫できます。
例年だとこの時期で10回以上は漁に出ているそうですが、今年はしけの日が多く、2月末の解禁から今日で3回目の漁だったそうです。漁師の方々が活躍する漁の様子をお伝えします。

船があがってきました

船があがってきました

約2時間で大漁です!

約2時間で大漁です!

すぐに船からおろして・・

すぐに船からおろして・・


ぬめりが出るため、茹でる前にめかぶを切り落とします

ぬめりが出るため、茹でる前にめかぶを切り落とします

茹でるときれいな緑色に変化しました

茹でるときれいな緑色に変化しました

茹でたわかめは水で洗って冷まします

茹でたわかめは水で洗って冷まします


作業風景

船があがってからは漁に出ていた漁師の方だけでなく、ご家族や仲間の方が総出で作業に取組んでいました。
どの方も素早い慣れた手つきで、わかめが茹であがるまで30分もかかりません。


わかめを干す

干しわかめにする場合は、この後1つ1つ乾燥させます。
完全に乾燥するまで、天気によって1~2日ほどかかるそうですが、生わかめの方が味も良く、干す手間も省けるので好都合だそうです。わかめは冷凍ができるので、使う分ずつ冷凍しておくと重宝しますね。 


乾燥したわかめ

乾燥したわかめ

今日の漁は天然わかめでしたが、養殖したわかめも取れます。養殖の方がやわらかいものの、天然の方が味や香りが断然良いそうなので、食べ比べてみるのもいいですね。
わかめはぬた(酢味噌和え)にしたり、柚子ポン酢と辛子、ごまを合わせた調味液に刻んだわかめともやし(又はキャベツ)を和えてもおいしいよ!とのことでした。 


海中を覗くための道具

海中を覗くための道具

歯でくわえながら固定します

歯でくわえながら固定します

わかめを刈り取る道具

わかめを刈り取る道具


見学に来た保育園の子ども達

見学に来た保育園の子ども達

小坪で獲れるわかめは、買い手が決まっているものも多く、多くは店頭に並ばないそうです。
一部のわかめが漁港の無人販売や市内のスーパーで手に入ることもありますが、直接作業をしている漁師さんに声をかけて買うのが一番お得!だそうです。売ってもらえるわかめがあれば、組合で決まっている値段で取引してくれます。
わかめ漁は3月~4月頃まで。獲れ始めの時期の方が味が良いそうなので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか。 


この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:国保健康課健康係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:231~233)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi