風しん予防接種の費用一部助成を行います。
(申請受付 平成28年4月1日から)

予防接種で赤ちゃんを守りましょう。

 逗子市では、(1)19歳以上の妊娠を予定している女性、(2)妊娠を予定している又は妊娠している女性のパートナーを対象に風しん予防接種費用の一部助成を行います。平成28年4月1日以降に受けた予防接種が対象です。

対象者

逗子市に住民登録があり、次のA又はBに該当する方

A 接種日現在、19歳以上の妊娠を予定している女性
B 妊娠を予定している又は妊娠している女性のパートナー

【重要】女性の方の注意事項
 〈予防接種を受ける時期等〉
 ・ あらかじめ約1か月間避妊した方
 ・ 妊娠の可能性のない月経中や直後の時期
 (妊娠中は接種できません。妊娠の可能性が少しでもある方は、絶対に接種しないでください。)

 〈接種後の注意〉
  接種後2か月間は必ず避妊してください。

助成対象ワクチンと助成額

麻しん・風しん混合(MR)ワクチン 6,000円
風しん単抗原ワクチン 4,000円

※ 輸入ワクチンは助成対象とはなりません。
※ かかった費用がこの額より低い場合は、そのかかった費用の金額になります。
※ 予診のみの場合は対象外です。
※ 生活保護受給者の方は全額助成します。ただし、申請時に必要書類の他に社会福祉課が交付する生活保護受給証明書が必要です。  

助成対象期間

 平成28年4月1日から平成29年3月31日までに実施した予防接種が対象です。

※ 申請期間は平成29年3月31日までです。 

対象医療機関

 国内の医療機関であれば対象とします。

申請方法

 次のものを持って、市役所1階5番窓口(国保健康課)に申請してください。申請後、接種者本人の金融機関口座に、助成金額を振り込みます。

【持ち物】
 ア 申請書・請求書(国保健康課窓口に用意しています。このページからもダウンロードできます。)
 イ 領収書(コピーでも可)
 ウ 次の中から「麻しん・風しん混合(MR)ワクチン」又は「風しん単抗原ワクチン」どちらを接種したのか、わかるものを1種類(コピーでも可)
   (1) 予診票
   (2) 予防接種済証
   (3) 診療明細書
 エ 接種者本人の金融機関口座がわかる通帳又はキャッシュカード
 オ 印鑑(朱肉を使用するものであること)
 
※ 逗子・葉山地区の医療機関で接種した場合で、「領収書兼予防接種済証」が発行された場合は、そちらをお持ちください。イ及びウは必要ありません。 

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:国保健康課健康係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:241~243)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:秘書広報課へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

Copyright © City of zushi, All Rights Reserved.