風しんワクチン接種歴の学年・年齢のめやす

 風しんワクチンの接種歴についての問い合わせが増えています。風しんワクチン定期予防接種の学年・年齢のめやすを掲載しておりますので、ご確認ください。ただし、定期予防接種であっても、100%の実施率ではないため必ずしも接種したと断定できるものではありません。また、すべての薬が100%の効果をもつとは限らないように、ワクチンの効果も100%とはいえません。これまでの報告を総合すると、風しんワクチンを1回接種した人に免疫ができる割合は95~99%と考えられています。過去に風しんの予防接種を受けていても、今予防接種を行うと風しんに対する免疫をさらに強化する効果が期待されることもあります。

予防接種を希望される方へのお願い

 風しんの予防接種を任意で受ける方が急激に増えたため、現在、主に使用されているMRワクチン(乾燥弱毒性麻しん風しん混合ワクチン)が一時的に不足すると予測されています。MRワクチンが十分に供給されることがわかるまでの間、任意での予防接種は妊婦の周囲の方、及び妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方が優先して接種できるよう、可能な限り、ご理解とご協力をお願いいたします。
 詳しくは厚生労働省のホームページhttp://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.htmlをご参照ください。

平成14年生まれ以降の年齢

 平成18年(2006年)度からはしか(麻しん)とともに2回接種制度が導入され、1歳時と小学校入学前1年間幼児に原則として、麻しん風しん混合(MR)ワクチンが定期予防接種として実施されている年齢です。

平成13年生まれ~平成2年生まれの年齢

 平成19年(2007年)から始まった10代~20代を中心とするはしか(麻しん)の全国流行を受けて、風しんは麻しんとともに対策をとるべき病気として、平成20年(2008年)度~平成24年(2012年)度までの5年間、中学1年生と高校3年生相当の年齢の者に麻しん風しん混合(MR)ワクチンを定期接種として追加実施した年齢です。

昭和62年10月1日生まれ~平成2年4月1日生まれの年齢

 予防接種法の改正により、生後12か月~90か月(7歳6か月)未満で、1回の風しんワクチン定期接種が開始されました。集団接種から個別接種となり接種率が高くない年齢と言われています。

昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの年齢

 平成5年(1993年)にMMR(麻しん・おたふく・風しん)ワクチンが中止され、未接種であった年齢です。平成7年(1995年)の予防接種法の改正により経過措置として、この年齢の人に対して平成15年(2003年)9月30日の間まで風しんの予防接種が実施されましたが、接種率は低いと言われています。

昭和54年4月1日以前に生まれた男性

 定期予防接種の機会はありませんでした。

昭和37年4月2日生まれ~昭和54年4月1日生まれの女性

 中学生時に学校で集団定期予防接種を行っていました。

昭和37年4月1日以前に生まれた女性

 定期予防接種の機会はなく、自然流行という形で免疫を獲得する時代でした。

この情報に関するお問い合わせ先

福祉部:国保健康課健康係

電話番号:046-873-1111(代表)(内線:241~243)


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:秘書広報課へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

Copyright © City of zushi, All Rights Reserved.