逗子のアカモクを知ろう!

アカモクとは

逗子小坪産アカモク_処理前

成長すると8mもの長さに

アカモクは、北海道から九州までの浅海に広く分布する海藻の一種です。赤褐色で、海の中でゆらゆらと枝葉のように広がり、大きいものでは8mにも及びます。
1年生の海藻で、秋から冬にかけて成長し、春に熟成した後、夏には枯れて海面を藻くずとして漂います。雄と雌は違う株にでき、見た目と食感が異なります。


逗子小坪産アカモク_雄雌

雄と雌で違います

逗子小坪産アカモク_ゆでる前

ゆでる前は赤褐色

逗子小坪産アカモク_ゆでた後

ゆでた後は緑色に

逗子小坪産アカモク_刻み

刻むとネバネバ


邪魔者からスーパー海藻へ

厳しい環境下でも生育できる強い生命力を持つアカモクは、日本海側では食用として珍重されてきました。一方、昆布やワカメなどの海藻類が豊富な太平洋側では、食用とせず厄介者扱い。船のスクリューや漁網に引っ掛かりやすく、漁師やマリンスポーツ愛好者から「海の邪魔モク(邪魔者とアカモク を掛け合わせた造語)」と呼ばれ嫌われていました。しかし、近年、栄養価が高く健康にも美容にもよい成分が含まれていることが分かり、注目を集めています。

アカモクの収穫から出荷まで

逗子小坪の漁師によるアカモク収穫の様子

逗子小坪のアカモクの収穫は、成熟し種を落とす前の1~3月ごろに行います。生殖器があり汚れがないものを選んで、船上から、鎌などを使用して刈り取ります。資源保護の観点から根こそぎとらず、海面を這うように長く伸びているものを収穫します。収穫したら、異物と真ん中の太い茎を取り除き水洗い。それを沸騰した湯に入れて青緑色になるまでゆで、メカブと同じように細かく刻んで出荷します。乾燥アカモクにする場合には、異物を取り除き水洗いしたものを、天日干しにします。


逗子小坪産アカモクの旬

逗子小坪産アカモク

逗子小坪産アカモクの旬は2〜3月。この時期には、逗子市内のスーパーなどで小坪産の生のアカモクを購入できます。旬の時期の若く柔らかい新芽は、苦味も少なく美味しく食べられます。また、ネバネバに含まれる花粉症改善効果が望めるフコイダンや、ダイエット効果が望めるフコキサンチンの含有量は、旬の時期が最も多くなります。
旬以外の時期にも、使いやすく保存のきく乾燥タイプのアカモクが、販売されています。


この情報に関するお問い合わせ先

市民協働部:経済観光課

電話番号:046-872-8120


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi