自己情報開示等の請求方法

請求の種類

自分自身の情報の開示を請求できます。(開示請求権)

 市に保管されている、自分自身の情報の開示(閲覧、写しの交付、視聴取)の請求をすることができます。
 ただし、次のような場合などは開示できないことがあります。
 

  • 法令又は条例の定めに基づいて開示ができないとされているとき
  • 請求した個人情報に、請求者以外の個人情報が含まれていて、この情報を開示すると請求者以外の人の権利や利益を侵したりして、迷惑をかけるとき
  • 個人の生命、身体及び財産の保護などの公共の安全のため開示しないことが必要であると認められるとき

自分自身の情報に誤りがあるときは、訂正の請求ができます。(訂正請求権)

 自分自身の情報に誤った事実があるときは、その事実について、又は自分自身の評価の内容が誤った事実を基礎にしているときは、その評価についてそれぞれ訂正を請求することができます。

自分自身の情報について、利用又は提供の中止の請求ができます。(中止請求権)

「利用及び提供の制限」を超えて取り扱われようとしているとき又は取り扱われたときは、その中止請求をすることができます。

自分自身の情報について、削除の請求ができます。(削除請求権)

「取り扱いの制限」、「収集の制限」、「個人の情報の廃棄」の各制限を超えて取り扱われているときは、 その個人情報の削除を請求することができます。

請求の方法

請求方法

  • 請求者は請求書を市の窓口(情報政策課情報公開係)に提出します。このとき、運転免許証やパスポートなどで本人であることを確認させていただきます。また開示(閲覧、写しの交付など)を受けるときも同様の確認をさせていただきます。  
  • 未成年者又は成年被後見人の方の場合は、法定代理人が請求をすることもできます。ただし、12歳以上の未成年者の場合は、本人同意が必要です。その際は、法定代理人であることを明らかにする書類や同意が必要な場合は同意書などを確認させていただきます。
  • 本人の委任による代理人による請求ができるのは、特定個人情報にかかる自己情報の開示等請求に関する場合のみとなります。本人の委任による代理人が請求する場合には、代理人自身の確認書類のほか本人の自書による委任状(印鑑登録印を押印したもの)及び本人の印鑑登録証明書の提出が必要です。

請求に対する市の決定

  • 開示の請求については、7日以内(最大延長しても30日以内)に、訂正・中止・削除の請求については15日以内(最大延長しても45日以内)に市は諾否の決定を行い、請求者に通知します。
  • 情報政策課情報公開係の窓口で閲覧、視聴取、写しの交付を行います。

開示等の結果に不服がある場合は、救済機関があります!

この情報に関するお問い合わせ先

総務部:情報政策課情報公開係

電話番号:046-872-8112


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi