平成26年度 勧告・意見等

平成26年度

不服第1号

■ 不服申出内容
 平成26年6月16日付け情報公開請求「職員の研修報告書(復命書を含む)平成24年度実績 対象   研修報告書:法制執務、簿記   庁内研修:住民対応研修(H25.2.27開催)」の職員課の一部公開決定について、
(1)本件対象文書は、研修の内容の評価や成果を検証するうえで貴重な情報である。
(2)作成した職員においても、上長や職員課長等が読むことを承知しており、他人に読まれても差し支えない内容の記載であると推定されるから、公開されても事務事業の支障となるとは考えられない。また、仮に、本件対象文書に、職員の人事に関する希望等が記載されているとしても、それらは本来別の機会において聴取等がなされるべき事柄であり、非公開の理由とはならない。
(3)神奈川県は、情報公開請求に対し、職員の研修報告書を公開しており、公開しても事務事業に支障がないと判断している。
(4)なお、本件一部公開決定により非公開とされた情報のうち、「所属長記入欄」の上長の人事評価に関する事項については、非公開との判断を是認できる。
■ 調査経過と結果
(1)逗子市情報公開条例第5条第2項第3号ウ(事務事業情報)該当性
「研修全般の感想」について
 「研修全般の感想」欄については、所属長や職員課員という特定の者との間でのみ情報が共有されることを前提に率直な記載がなされていると認められ、公開によって一般の第三者が広く知り得ることになれば、率直な記載がなされることを期待できなくなる等の萎縮効果が及ぶことが予測される。その結果、受講者個々人の研修成果をはかるという事務事業の目的を失わせ、又は、円滑な執行を著しく妨げると認められる。このため、同欄は、同条例第5条第2項第3号ウに該当し、非公開との実施機関の判断は、妥当である。
「今後受講したい研修」について
 「今後受講したい研修」欄の記載内容について、次年度以降の研修受講というかたちで、所属長や職員課員以外の第三者にも知られ得ることは、記載する職員において認識しているものということができる。このため、同欄につき、公開することにより、率直な記載がなされなくなるとまではいいがたい。また、仮に、同欄の公開により、率直な記載がなされなくなるとの萎縮効果が一定程度存するとしても、上記事務事業の目的を失わせ、又は円滑な執行を著しく妨げるとまでいうことはできない。
 以上により、「今後受講したい研修」欄は、同条例第5条第2項第3号ウに該当するとは認められない。
(2)逗子市情報公開条例第5条第2項第1号(個人情報)該当性
 同条例第5条第2項第1号について、「今後受講したい研修」欄の記載は、あくまで当市の職員研修制度において受講したい研修を記載するものであり、個人としての私的領域についての情報ということはできない。
 以上により、「今後受講したい研修」欄は、同条例第5条第2項第1号但し書きエに該当し、非公開理由は認められない。
■ 勧告
 実施機関は、非公開決定がなされた情報のうち、「今後受講したい研修」欄につき、公開すべきである。

 ※平成26年8月14日、情報公開審査委員は、副市長はじめ担当課に勧告の趣旨を説明しました。
 ※平成26年8月21日、職員課は、原処分を取り消すと共に、改めて一部公開決定を行いました。

不服第2号

■ 不服申出内容
 平成26年12月17日付け情報公開請求「(12/16回答で不存在とされた1について※)現地立会いのもと口頭にて要望をしたとされている要望の内容、年月日、時刻などすべてに関する書面一式」に対する情報不存在決定(本件情報不存在決定)について、
 実施機関は、前件情報不存在決定及び本件情報不存在決定において、本件補修工事について、現地立会いのもと口頭にて要望を受けたと不存在理由を説明しているところ、そのような説明をするのであれば、その要望の有無や内容等を確認するだけの書面が存在するはずであるが、その書面が存在しない以上、不存在の理由は、「(宅地所有者から)要望がされなかった、又は、要望を受けていないため、書面が存在しない」となるべきではないか。
※12/16回答で不存在とされた1・・・請求件名「平成23年 道路補修工事(99)(111)1側溝改修について宅地所有者からの要望書」に対する情報不存在決定(前件情報不存在決定)。 
■ 調査経過と結果
 本件不服申出は、本件対象文書が不存在であるという結果そのものに対する不服ではなく、「現地立会いのもと、工事説明と合わせて口頭にて行ったものであり」という不存在の理由に対する不服である。
 本件補修工事に関して、本件私有地所有者からの要望について記載されているものと思われる2011年(平成23年)9月5日付けの件名「逗子市道小坪9272号の道路管理について」の「連絡票」が存した。本件連絡票には、本件補修工事に関して、本件私有地所有者からの要望があったこと、その内容、年月日、時刻などが記載されているのであるから、本件情報公開請求における本件対象文書に該当すると思われる。
 この点について、実施機関は、本件補修工事に係る側溝工事に特化した資料ではないという認識であり、また、すでに申出者に対し情報提供していた資料であったため、あらためて本件情報公開請求における本件対象文書には該当しないと判断した旨説明をする。
 しかし、この実施機関の前段の説明は、本件連絡票を本件対象文書から除外する理由にはならない。また、本件対象文書は、既に申出者に対して何らかの形で提供されている文書を除く趣旨とは解されないから、実施機関の後段の説明にも理由が存しない。
■ 勧告
 実施機関は、本件情報公開請求に係る本件対象文書を、2011年(平成23年)9月5日付けの件名が「逗子市道小坪9272号の道路管理について」の「連絡票」と特定し、再度、公開決定等をすべきである。 
 
   ※平成27年3月24日、情報公開審査委員は、市長はじめ担当課に勧告の趣旨を説明しました。
 ※平成27年3月30日、都市整備課は、原処分を取り消すと共に、改めて一部公開決定を行いました。

この情報に関するお問い合わせ先

総務部:情報政策課情報公開係

電話番号:046-872-8112


ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi