社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

< 重要なお知らせ >
○ マイナンバーの通知が始まり、制度に便乗した不正な勧誘や不審な電話にご注意ください。
 ・マイナンバーの通知や手続きで、行政機関が資産や年金、保険の状況を聞くことはありません。
 ・不審な電話はすぐに切り、来訪の申し出があっても断ってください。不審なメールは無視しましょう。
 ・金銭を要求されても決して支払わないようにしましょう

○ 平成27年10月に通知を開始する社会保障・税番号(マイナンバー)制度に便乗した、不正な勧誘及び個人情報の不正取得などにご注意ください。マイナンバーは法律で定められた事務以外の目的で取得・提供することは禁止されています。提供する際は、しっかりと提供相手と利用目的を確認してください。

マイナンバー制度とは

マイナちゃん

マイナンバーは、国民の利便性を高め、行政を効率化し、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。

・平成27年10月から皆さん一人ひとりに12桁の番号(マイナンバー)が通知されます。
・平成28年1月からマイナンバーの利用が始まります。
・平成29年1月から、国の機関間で情報連携が開始されます。
・平成29年7月から、地方自治体等でも情報連携の試行運用が開始されます。
・平成29年秋ごろから、情報連携の本格運用を予定しています。本格運用が開始されると、一部の添付書類が不要になる予定です。

 


マイナンバー制度の効果

マイナンバー制度の導入により、次のような効果が見込まれています。

・各種申請等の行政手続の際に提出する書類が減るなど、国民の負担が軽減されます。
・社会保障・税・災害対策の分野で情報連携が円滑になり、行政機関などでさまざまな情報のやりとりのための時間や労力が削減されることで行政運営の効率化につながります。
・所得や行政サービスの受給状況を正確に把握しやすくなり、不当に負担を免れたり不正に給付を受けたりすることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細やかな支援を行うことができるようになります。

個人番号(マイナンバー)

平成28年1月から社会保障・税・災害対策において、法令で定められた行政手続に利用できます。また、税の申告書や健康保険の加入届などにマイナンバーの記載が必要となります。
漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。
民間事業者でも、社会保険、源泉徴収事務などで法律に定められた範囲に限り、マイナンバーを取り扱います。

通知カード

平成27年10月から皆さんの住民票の住所にマイナンバーを通知するカード(通知カード)が郵送されます。

マイナンバーカード(個人番号カード)

平成27年10月にマイナンバーが通知された後、申請により、平成28年1月以降、個人番号カードの交付を受けることができます。
個人番号カードは、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載され、本人の写真が表示されます。本人確認書類として使用できるほか、e-Tax(イータックス)などの各種サービスに利用できる予定です。
カードに記録されるのは、券面に記載された氏名、住所、マイナンバーのほか、電子証明書などに限られ、所得などの情報は記録されません。
住民基本台帳カードは有効期限まで利用可能ですが、個人番号カードの取得を希望する人は、発行時に住民基本台帳カードを回収します。(両方は所有できません。)

個人情報保護対策

・マイナンバーは、社会保障・税・災害対策の手続で行政機関などに提供する場合を除き、他人に提供することはできません。
・他人のマイナンバーを不正に入手することは、処罰の対象です。
・マイナポータル(情報提供等記録開示システム)を利用することにより、マイナンバーを含む自分の個人情報をいつ、誰が、なぜ提供したのか確認できるようになります。

安心・安全の確保

マイナンバー制度の導入を検討していた段階で、個人情報が外部に漏えいするのではないか、他人のマイナンバーでなりすましが起こるのではないかといった懸念の声がありました。そこで制度面において次のような保護措置がとられています。
・番号法の規定によるものを除き、特定個人情報の収集・保管、特定個人情報ファイルの作成を禁止
・個人情報保護委員会による監視・監督
・特定個人情報保護評価の実施
・罰則の強化
・マイナポータルによる情報提供等記録の確認
 
個人情報保護委員会へ提出された逗子市の特定個人情報保護評価書は、   こちらからご覧になれます。※なお、Internet Explorer8以下で閲覧する場合は、対応していない場合があります。

逗子市での独自利用

逗子市では、法定利用事務に加え、法定利用事務と密接に関わり、個人番号を利用することで、事務処理の効率化や手続きの利便性が向上すると考えられる事務について、「逗子市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例」に規定し個人番号の利用を行います。
他団体との情報連携を行うにあたり、個人情報保護委員会届出を行っています。

マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)

【日本語窓口】
 *電話番号  
      0120-95-0178
 *受付内容  
      マイナンバー制度に関すること
      通知カード、個人番号カードに関すること
      マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について
 *受付時間 
      平日    9時30分~20時00分まで
      土日祝日  9時30分~17時30分まで 
      (年末年始 12月29日~1月3日までを除く) 
              ※マイナンバーカード(個人番号カード)の一時利用停止については、24時間365日対応します。

【外国語窓口】 
 ※英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語に対応しています。
 *電話番号
      0120-0178-26(マイナンバー制度に関すること)
      0120-0178-27(通知カード、個人番号カードに関すること)
 *受付時間
       平日      9時30分~20時00分まで
       土日祝日    9時30分~17時30分まで
       (年末年始 12月29日~1月3日までを除く)
      ※英語以外の言語は、平日 9時30分~20時00分までの対応となります)
       
   
マイナンバーポスター
内閣官房「社会保障・税番号制度」ホームページ

(外部サイトへリンク)

この情報に関するお問い合わせ先

総務部:情報政策課情報政策係

電話番号:046-872-8140


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi