下水の処理

終末処理場(沈砂池)への入り口

終末処理場

 浄水管理センターは、下水の終末処理場でもあります。 ここでは、終末処理場としての役割の一つである下水の処理について説明します。

 各家庭、店舗や事業所から流れてきた汚水(下水)はまず、 この沈砂池への流入口から入り、沈砂池からその処理が始まります。ここで、おおきなゴミ、 空き缶、ボールや砂などを取り除きます。

空き缶


最初沈殿池

沈砂池

 沈砂池で大きなゴミを取り除いた汚水は、この最初沈殿池に入ります。

 この池をゆっくり流れていくあいだに、沈みやすい重いものは、池の底に沈んでいきます。軽い浮いている物(浮遊物質)は、スカムスキマーで取り除かれます。

 この段階では、まだ、汚水といわれる、よごれた水のままで、きれいになっていないのが写真でも分かります。


エアレーションタンク

エアレーションタンク

 最初沈殿池から流れてきた汚水は、この池(エアレーションタンク)に入ります。

 この池では、汚水に活性汚泥と空気を混ぜることによって、活性汚泥中の微生物が汚水中の微生物を食べます。 このことによって汚水がきれいになっていきます。


最終沈殿池

最終沈殿池

 エアレーションタンクから流れてきた水は、この池(最終沈殿池)に入ります。

 この池では、水といっしょに流れてきた活性汚泥をゆっくりと沈める役割をします。 そして、きれいになった水だけを次の池に流します。

 底に沈んだ汚泥は、エアレーションタンクに戻るものと、汚泥濃縮槽に送られるものに分かれます。


滅菌池

滅菌池

 最終沈殿池から流れてきた、きれいになった水は、 さらにきれいにするためにこの池(滅菌池)に入ります。

 この池では、次亜塩素酸ソーダを点滴することによって、水の中に残っている 細菌類を殺します。 この処理によって下水の処理がようやく終わり、きれいになった水が逗子湾に放流されます。 この処理場に流入してから、ここまでの処理時間は11時間半ほどです。


活性汚泥(微生物)のようす

  活性汚泥とは、汚水を浄化する機能を持ち、沈降性の優れた微生物のかたまりです。 細菌や原生動物など多種類の好気性微生物が数多く含まれています。

  汚水をばっき(エアレーション)し続けると、空気中や汚水などから入り込んで、これらの 微生物は自然に増殖します。しかし、汚水をきれいにし続けるには、適切な空気の量や有機物量 が必要になります。

この情報に関するお問い合わせ先

環境都市部:河川下水道課施設係

電話番号:046-872-0192


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:秘書広報課へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

Copyright © City of zushi, All Rights Reserved.