一人ひとりの準備から

 地震への備えは、一人ひとりの準備が大切です。日頃から、非常備蓄品や家族の緊急連絡先など について確認しておきましょう。

非常備蓄品

大規模な地震が起きた場合、防災関係機関は負傷者の救出・救助などを最優先に活動するため、救援物資輸送のための 交通やライフラインの確保には一定の時間がかかり、物資の不足などが数日間続くことが予想されます。
 「自分の身は自分で守る」という意識をもって、食料・飲料水(最低3日間)や日用品などは事前に確保(備蓄)しておきましょう。
 日ごろの備えがあなたを守ります。
非常備蓄品リスト
非常食 最低3日分(火を使わなくても食べられるものが便利)
飲料水 最低3日分(1人1日3リットルを目安に)
燃料 卓上コンロ、ガスボンベ、固定燃料など(アウトドア用品が便利)
ヘルメット 避難時に落下物などから頭部を保護します。
携帯ラジオ 災害時は正確な情報が不可欠です。(予備電池を忘れずに)
懐中電灯 停電時や夜間の行動に必要です。(アウトドア用のランタンなど)
貴重品 現金(硬貨もあると便利)、通帳類、証券類、健康保険証、印鑑など
衣類 下着、上着、防寒着、靴下、ハンカチ、タオル、雨具など
生活用品 ライター(マッチ)、軍手、紙食器類、ナイフ、缶きり、おむつ、生理用品など
救急医薬品 ばんそうこう、包帯、消毒液、解熱剤、常備薬(持病のある方)ほか

家族の安否を確認するには

災害用伝言ダイヤル17

「災害用伝言ダイヤル171」のテスト

災害時は、交通機関がストップし、被災地への電話もつながりにくい状況になります。
 家族の安否を確認できるよう、あらかじめ家庭内で連絡先などを決めておきましょう。


 ・災害が起こった際に家族が集まる避難場所などを決めておく。
  (一時避難場所)
 ・遠くに住む親類などを家族同士の連絡先として決めておく。
 ・家族の写真を常に持ち歩く。(家族を探すときに役立ちます。)
 ・NTTの「災害用伝言ダイヤル171」を活用する。 
●「災害用伝言ダイヤル171」のページはこちらへ→


この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:防災安全課

電話番号:046-872-8135


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。
逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi