自主防災組織が受けられる補助金制度

補助金制度の概要

チェーンソーの取扱い訓練(総合防災訓練において)

チェーンソーの取扱い訓練(総合防災訓練において)

 逗子市では、「自主防災組織防災資機材等整備費補助金」制度により、自主防災組織が実施する防災資機材(発電機・チェーンソーなど)の購入、避難経路の整備及び一時避難場所の整備にかかる事業費用の一部を助成しています。
 世帯数などにより補助金額が異なり、また、補助対象とならない資機材等もありますのでご注意ください。
 申請用紙類については、毎年、各自主防災組織の代表者へ郵送します。新規登録組織については、その都度、登録通知書と同時に郵送します。
 また、平成28年度より、古くなった資機材の修繕にも補助金が使えるようになりました。詳細は申請書類にてご確認ください。


補助金の額は?

1.防災資機材等の整備を図る事業

 資機材整備等費用の2分の1(50%)(新規設立3年度間については5分の4(80%))を補助しますが、世帯数により限度額が定められています。

自主防災組織の世帯数 補助限度額
50世帯未満 15,000円
(ただし、市長が新たに認めた団体については、登録年度から3年度間については50,000円とする。)
50世帯以上1,000世帯未満 世帯数×300円
(ただし、市長が新たに認めた団体については、登録年度から3年度間について世帯数×1,000円とする。)
1,000世帯以上 300,000円
(ただし、市長が新たに認めた団体については、登録年度から3年度間について1,000,000円とする。)


 例えば・・・

 ※算出金額は、1,000円未満切り捨てとなります。

自主防災組織の例 補助金額例
 世帯数 300
 資機材購入費 300,000円
300世帯×300円 =90,000円・・・A
300,000円×0.5=150,000円・・・B
A、Bを比べ、低い額Aの90,000円が補助金額となります。
 世帯数 600
 資機材購入費 300,000円
600世帯×300円 =180,000円・・・A
300,000円×0.5=150,000円・・・B
A、Bを比べ、低い額Bの150,000円が補助金額となります。
 世帯数 45
 資機材購入費 70,000円
45世帯×300円 =13,000円・・・A
70,000円×0.5=35,000円・・・B
A、Bを比べ、低い額Aの13,000円が補助金額となりますが、50世帯未満の場合は15,000円が補助限度額となるので、15,000円が補助金額となります。
2.避難経路の整備を図る事業及び一時避難場所の整備を図る事業
  
※対象経費=材料費

事業種別

補助金額

避難経路の整備を図る事業 世帯数に300円を乗じて得た額の範囲内とする。この場合において、50世帯未満の場合は15,000円とし、1,000世帯以上は300,000円とする。 
一時避難場所の整備を図る事業  世帯数に300円を乗じて得た額の範囲内とする。この場合において、50世帯未満の場合は15,000円とし、1,000世帯以上は300,000円とする。 

補助の対象となる資機材は?

1.防災資機材等の整備を図る事業
  区分 品名 区分 品名
防災資機材の整備 消火用具 三角バケツ、バケツ、ポリタンク、消火器 運搬用具 リヤカー、一輪車
救出救助用具 ロープ、はしご、掛矢、のこぎり、つるはし、スコップ、ハンマー、バール、担架、チェンソー 安全用具 ヘルメット、防災ずきん、腕章、標識(標旗等)長靴、かっぱ
照明用具 カンテラ、ろうそく、懐中電灯、投光器 炊飯用具 なべ、かま、やかん、飯ごう、食器、コンロ、燃料
情報関係器具 メガホン、ラジオ、トランシーバー その他 倉庫、毛布、テント、防水シート、ろ水機、エンジンポンプ、電池、非常持ち出し用袋、救急セットその他市長が必要があると認めたもの 

  区分    品名
防災資機材の修繕 救出救助器具 チェーンソー
照明用具   投光器
運搬用具 リヤカー、一輪車
その他 倉庫、テント、ろ水機、エンジンポンプその他市長が必要があると認めたもの 

  区分 摘要
防災備蓄用食糧及び防災備蓄用飲料水の整備 備蓄用食糧 ・消費期限が5年以上あること。
・整備する数量は1人当たり9食以内であること。
・食糧は、日の当たらない涼しい場所に保管すること 
備蓄用飲料水 ・消費期限が5年以上あること。
・整備する数量は1人当たり9リットル以内であること。
・飲料水は、日の当たらない涼しい場所に保管すること。 

※上記の他にも補助対象になるものがありますので、対象になるかわからない場合は、防災安全課までお問い合わせください。

2.避難経路の整備を図る事業及び一時避難場所の整備を図る事業

事業種別 

内容 

避難経路の整備を図る事業 

舗装工事、擁壁工事、手摺設置工事、防護柵設置工事等で自主防災組織が施工等を行うもの

一時避難場所の整備を図る事業

整地工事、擁壁工事、塗装工事、防護柵設置工事等で自主防災組織が施工等を行うもの

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:防災安全課

電話番号:046-872-8135


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
  • システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
    回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
  • 住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
  • 文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi