アイラブ逗子

アイラブ逗子タイトル画像
[先頭]  <<    2   3   [4]   5   6   >>   [最後]
2018年06月17日(日)

6月17日にパチリ★生きものいっぱい

生きものいっぱい生きものいっぱい6月17日に葛ケ浜で海のさかな観察会が開催されました(主催 ずしし環境会議)。
参加したのは17家族46人。潮が引いて岩場になった浜で、ヤドカリ、カニ、アゴハゼなどを観察しました。(A)

2018/06/17 14:41 | 未分類

2018年06月02日(土)

6月2日にパチリ★田越川・久木川一斉清掃

みなさんお疲れ様でしたみなさんお疲れ様でした

6月2日、田越川・久木川一斉清掃が行われ、市民や企業、米海軍関係者など200人以上が川のゴミを拾いました。

主催者によると「20年以上前からやっているが、年々環境がよくなっていることを実感。蛍やカワセミも生息している」。

一人一人が拾える量には限りがありますが、大勢でやればトラック数台分の量になります。私たちもできることから始めたいですね。

2018/06/02 11:27 | 未分類

2018年06月01日(金)

6月1日にパチリ★みんなでつくる!逗子海岸花火大会

逗子湾から打ちあがる花火に観客は大興奮逗子湾から打ちあがる花火に観客は大興奮夏の訪れをつげる逗子海岸花火大会が6月1日逗子海岸にて開催されました。天候にも恵まれ、花火が打ち上がるごとに砂浜を埋め尽くす観客からは歓声が上がっていました。

2018/06/01 11:24 | 未分類

2018年05月01日(火)

5月1日にパチリ★逗子海岸映画祭

国内外の優れた映画を、海岸という絶好のロケーションで鑑賞することができる野外映画祭「逗子海岸映画祭」。
プロデュースするのは、逗子出身のクリエーターやアーティストで構成される「CINEMA CARAVAN 」です。2009年のスタート時から、手作りで会場を造り上げ、終わると、まるで夢でも見ていたかのように、いつもの静かな逗子海岸に。

今年は、スペイン・バスク、インドネシアがテーマ。期間中は映画の背景となる場所の文化や音楽、食などが楽しめる、こだわりのある様々なお店が日替わりで出店し、訪れた人を異国のバザールへと誘います。
「逗子海岸映画祭」をただのフェスティバルではなく、関わる人も来場者にとっても時代に流されることのない、しなやかな人間力について考える機会、表現する場所になってほしいと開催しています。

ゴールデンウイーク、友達を誘って少しオシャレして近場の逗子海岸に遊びに行ってみませんか??5/6(日)まで開催しています。開場11:00~ 上映19:00~ 詳細はホームページで。https://zushifilm.com/

(M)

2018/05/01 11:47 | 未分類

2018年04月30日(月)

4月30日にパチリ★磯遊びで海の生き物に出会う

今日は一年に一度の「磯遊び」。浪子不動周辺の磯に出て、ウミウシやナマコに触れ合ったり、ウニなどを収穫したりするイベントです。同僚と2人で密着取材してきました!

まず、このイベント、ものすごく貴重なんです。
どうしてかというと、ウニやワカメには漁業権がかかっているので、とると犯罪になります。でも、今日だけは漁師さん立ち会いのもと自由にとることができます。

口コミで人気が出て、毎年満員御礼。今日も定員いっぱいの150人ほどが参加しました。

参加者は、参加者の証である名札をつけて、いざ出陣! ウニ・ウニ・ウニ。ムラサキウニが大漁です。開始30分でバケツいっぱいのグループも。遠くの方でワカメを収穫するグループもいました。ここでとれるワカメは肉厚で美味しいんです。スーパーだと結構なお値段します。

子どもたちは、カニ・ヤドカリ・ウミウシ・ナマコなどの海の生き物に夢中です。
自分の顔ほどの大きなウミウシを見つけた姉妹は大興奮。早速手づかみでバケツに入れ、「かわいい〜」と愛おしそうにナデナデ。

「どんな感触?」と聞くと「サラサラ」とのこと。サラサラ!?と思いつつ、触らせてもらいました。・・・なんだろう?指に吸い付くような滑らかな触感。コンニャクよりもっともっと柔らかくてヌルッとしてる。初めての感触。確かにサラサラ。気になる方は、ぜひ試してみてください。

ちなみに、今年の磯の様子はこんな感じ。
・昨年はヒジキがたくさんとれたが、今年は全然ダメ
・タコは数匹しか見つからなかった
・ウニは平年通り
・トコブシは煮付けにすると美味しい
・ワカメは沖のほうのものは、辛うじて食べられる。ただし、急に深くなるところがあるので行き過ぎ注意
・アカモクはほとんどなし

主催者の大竹小坪漁業協同組合組合長に、開催の趣旨を伺いました。

1つは逗子の海の魅力を知ってもらうこと。
もう1つは密漁禁止をPRすること。
「磯遊びをしていて、知らずにウニやワカメをとってしまう方がいる。昨年も数件、逮捕者が出た。今年から海上保安庁も取り締まりを強化するので、気をつけてほしい」とのこと。つかまると20万以下の罰金、さらに悪質な場合には前科がつくこともあるそうです。

皆さん、知らなかったじゃすまされません。ウニ・タコ・ワカメなどには全て漁業権がかかっています。捕獲禁止ですよ!!

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。レポートは以上です。
イベントじゃなくても、大潮の時は磯に行くことができます。興味を持たれた方、ぜひ行ってみてください。

(A)

2018/04/30 11:45 | 未分類

[先頭]  <<    2   3   [4]   5   6   >>   [最後]

この情報に関するお問い合わせ先

経営企画部:企画課広聴広報係

電話番号:046-872-8132


よく閲覧されるページ

逗子市役所外観

〒249-8686
神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号

電話番号 046-873-1111

ファックス番号 046-873-4520

開庁時間(窓口受け付け時間)

月曜日から金曜日の
午前8時30分〜午後5時00分まで
祝休日・12月29日〜1月3日を除く

ホームページに関するお問い合わせは:企画課広聴広報係へ。そのほかの市の仕事に関するものは、各課へお問い合わせください。
各課のページ・電話番号は組織一覧をご覧ください。

逗子市役所:〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5-2-16
電話番号:046-873-1111(代表)
法人番号1000020142085

© 2000 City of Zushi